◆脱毛マシンの紹介






grace lilyで使用する機器(Piel)は「皮膚接触式冷却装置」を本体に搭載しているだけではなく、
「温度コントロールセンサーによる冷却システム」を搭載した最新鋭のシステムを導入しており
ます。これは、高い安全性の確保のみにとどまらず、
「施術者によって効果が変わることがない」ということを意味しております。


経済産業省の原因究明機関である『生活科学研究所』において
人間の皮膚に最も近いと言われるモルモットを使用し、照射時の皮膚への安全性を検証。
安全であるという報告を頂きました。
同時に社団法人日本統合医療臨床研究機構において細胞学、物理学応答性を
学術的分析及び消費者保護法に基づいた安全性試験を実施。
"臨床検査証 明書を取得しています。
"




光を用いた脱毛の際には、熱エネルギーが発生するので、従来の機器であれば
ジェルや保冷剤でのお冷やしが必要となっています。
しかし、Pielでのトリートメントは、今までになかった「皮膚接触式冷却装置」を搭載しているので、
お肌を冷却しながら施術が行えるため、とてもスピーディーにトリートメントを行え、
痛みもほとんどありません。さらに、照射することで毛穴が引き締まり、肌のキメも整えます。
※痛みには個人差があります。








毛は「伸びては抜け落ち、また生えてくる」というプロセスを繰り返します。
このサイクルを『毛周期』と呼び、毛周期には、「成長期」、「退行期」、「休止期」、があります。
Pielの除毛トリートメントは、毛の再生組織をタンパク変性することで効果が得られます。
成長期のみ毛の再生組織と隣接しているため、成長期の毛が最も効果があります。
この毛周期に合わせてトリートメントを行うことで、より効果的に除毛していくという仕組みです。





Pielの除毛トリートメントは、ターゲットとなる部位に光を照射することで、
ムダ毛を処理する方法です。この光は、メラニンに選択的に吸収されやすい波長を中心とした
可視光線~近赤外線を使用しており、メラニンに吸収された光エネルギーは
熱エネルギーへと変わり、毛の再生組織をタンパク変性させ、毛の再生を抑制します。


生えている部位によって毛周期は異なり、同じ部位でも、1本1本の周期は異なります。
毛周期が異なるだけではなく、一般的に成長期にあたる毛は全体の約15%~20%と
いわれております。つまり80%前後の毛が”退行期”や”休止期”にあたる効果の見られない
時期の毛となります。
成長期の毛のみに効果があるため1回のトリートメントや短期間では終わらないという事です。